女性

より華やかな印象に|ミニドレスで可愛らしさを演出しよう

マナーを考える

花嫁

社会人として、結婚式の服装について考えていくことが必要になります。マナーも様々なものがあるので、実際にコーディネートを決める場合に知っておくことが大切です。なお、人によって認識度の違いもありますが、最も多く知られているのがドレスのカラーになっています。結婚式の主役は花嫁と花婿となっています。ウェディングドレスといえばホワイトカラーを思い浮かぶほど、花嫁にとって重要なカラーであると言えます。そのため、主役の色として結婚式に呼ばれるゲストの服装にホワイトをメインとするのはマナー違反とされています。しかし、最近では他のカラーを取り入れておけばホワイトはOKという事も増えてきました、黒やベージュの色をしたショールやボレロを取り入れることによって、ドレスのホワイト感は薄くなるので、マナーに則したコーディネートとして成立します。しかし、人によってもマナーに対する認識は違うのでこれらを踏まえてコーディネートを良く考えておくことが必要です。そのため、ホワイトは高度なセンスが必要になることでしょう。

結婚式の服装では、カラーの他にも靴の選びかたも肝心になります。ドレスに合う靴としてパンプスやミュールが上がりますが、一方のかかとが見えるデザインであるミュールはマナー違反として知られています。なお、あまり違いが分からないため、年代が若い人からしてみればマナーから逸れていると思われにくいですが、年配の人からはマナー違反であると気づかれる場合もあります。多くの人が陥りがちなので、靴選びも結婚式の場にあっているか確認しておくことが大切です。

Copyright © 2017 より華やかな印象に|ミニドレスで可愛らしさを演出しよう All Rights Reserved.